避暑に最適!夏の北海道の魅力

自然の森を散策しよう!

蒸し暑さからすこしの間でも解放されるには、避暑地を訪れるのがおすすめですよ。北海道まで足を運べば、まさに、そこには涼しい別世界が広がっています。しかし、北海道は広く、すべての場所が涼しいわけではありません。街の中心などは天気によってはそれなりに気温が高くなることもあるでしょう。そのため、避暑のために北海道に旅行するのであれば、自然いっぱいの場所に行くことが大切です。雪が降る時期には、なかなか立ち入ることが難しい森や国立公園がたくさんあります。夏の時期にぜひ訪れてみましょう。自然の森は、歩いていても心地よい風が吹き、木陰もあるので涼しく感じるはずです。汗をかかずにちょっとした運動もできるので、夏に北海道を訪れるときは、避暑と気分転換を兼ねて自然の森を散策するといいですよ。

湖や川、滝の近くはさらに涼しい!

避暑をメインに北海道を訪れる、そのような目的がある人は、北海道の至るところにある湖や川などに行くといいですよ。また、滝の近くも涼しいので、おすすめです。湖や川ではカヌーができる場所も多いです。カヌーで湖や川を楽しみつつ、周囲の美しい景色を眺めているだけで、楽しい気分になれるでしょう。もちろん、水の上で時間を過ごしているので、涼しいですよ。ときには人がいないひっそりとした川や湖、滝を発見すると冒険したくなる気持ちになることがあります。ガイドブックにのっていないお気に入りの場所が見つかるかもしれません。しかし、気を付けておきたいポイントもあります。人がいない場所で、森の奥まで進んでしまうと、ヒグマに遭遇してしまうこともあるので注意が必要ですよ。