アクティビティや野生動物とのふれあいで安らぎたい人におススメのルート

キタキツネやエゾシカに会いたい!どこで会える?

北海道ならではの広々とした美しい景色とともに、ふと野生動物に出くわすとうれしくなりますよね。北海道でイメージする野生動物といえば、エゾシカやキタキツネではないでしょうか。出会う方法は、運もありますが長距離ドライブをすれば案外簡単に出会うことができますよ。おススメのドライブルートは、道東エリアです。たとえば、帯広を含む十勝のエリアから釧路方面に向かう国道をドライブすれば、かなりの確率でキタキツネやエゾシカに会うことができるでしょう。さらに、東へ進み、阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖などを含む湖のエリアまで足を伸ばしてみましょう。周囲が森に囲まれた道が多いので、こちらのエリアでも出会うことができますよ。小さな町に立ち寄ると、道でキタキツネがゆっくりと歩いていることもあります。周辺エリアのアクティビティは、乗馬やカヌーなどが楽しめます。

写真を撮るのが好き!丹頂鶴やオオワシ、オジロワシに会える!

冬の時期に北海道に旅行するなら、野生の丹頂鶴を見に行きましょう。丹頂鶴が多く集まる釧路周辺の公園では、国内問わず、海外からも写真好きな人たちが集まっていますよ。エサを与える時間を狙えば、多くの丹頂鶴がやってくるので、すてきな写真が撮れるはずです。また、道東エリアには湿原が至るところにあり、周辺を散歩するだけでも自然を感じて心が安らぎます。冬以外の季節に訪れても、オジロワシやオオワシなどがエサを求めて湿原周辺に集まってきます。シャッターチャンスをしっかり狙わないと、写真を撮ることは難しいかもしれませんが、もし、上手に撮れたらとてもラッキーです。エゾシカの群れを見ることができる可能性も高いでしょう。